サービス一覧

インプラントとお聞きになって大体の事を断片的に聞いて知っているという方は大抵大がかりな大手術を想像されますが、局所麻酔で通常二回に分けて手術が行われます。もちろん、施術は対象本数に比例するのですが、もう一度施術を大まかな流れを復習してみます始めに一次手術は局所麻酔をかけた上で初めに歯茎を切開した所にドリルを用いて歯槽骨に穴をあけてインプラントつまり人工歯根を埋め込みます。術後この人工歯根が体に根づくつまり歯根が歯肉と結合するのを待ちます(大体3~6か月間)。定着確認後に2次手術で人工歯をかぶせます。インプラント治療は難しいケースでない限り1本あたりの治療時間はおおよそ15分程度です。この様に、皆様の想像されるよりもはるかに短い時間で治療が実際は終わるものです。その短さを裏付けるのが治療を受けた治療後の患者様の感想に一様に聞かれる「あっという間でした」という言葉です。治療の中に切開を行うため手術という語が出るためどうしても、テレビで見るような大手術を想像するためと思われますが現実は、じつに大抵あっさりしたものです。

sabu用置換